特許翻訳に興味を持った理由を教えてください。

外資の日本駐在員として働いています。10 年間の海外生活の後、昨年末に帰国しました。現
在は、日本事務所の立ち上げ、既存顧客のケア、新規顧客の開拓などをしております。いろい
ろなことを経験させてもらい、会社には感謝しております。ここまでは満足のいく会社員生活
であったと思います。しかし、体力と気遣いが勝負と言ってもいい会社員をこれからも長く続
けたいのかと問われれば、答えはノーです。

60 歳を過ぎているので引退という選択肢もありますが、パターゴルフをしている自分、近所
でぶらぶらしている自分が想像できません。特許翻訳はこのような状況での有力な選択肢だ
と思われます。

 

理由は、近い将来の自分の強みを生かせそうなことです。具体的には、技術や語学など得意か
つ興味のある分野がコアになっていること、自己完結度が高いことです。また、ふつうの読書
やネットでは得られない知識に触れられることは、刺激になり、老化防止にもなりそうです。
以上のようなしだいで特許翻訳に興味を持ちました。

 

 

本講座にどのようなことを期待しますか?

 

自己評価では、英語力そのものは必要条件を満たしているとみています。しかし、翻訳には別
種のスキルが必要だとも感じています。本講座にはこのスキルがちりばめられているようで
す。本講座を通じて翻訳のスキルを獲得したい。これが本講座に期待する第1の点です。

同じく自己評価ですが、理系で、技術職も長年経験しているので、技術的な理解力はあります。
しかし、未知の分野を、翻訳に必要十分なだけ理解するというスキルは持ちあわせておりませ
ん。このスキルを本講座から取り入れたい。これが本講座に期待する第2の点です。

翻訳速度を上げるための IT スキルは、ほぼゼロです。本講座を通じて一から学びたいと考え
ています。本講座にはこの要求にかなう内容が用意されているようです。これが本講座に期待
する第3の点です。

翻訳者になるためには、たくさん読み、たくさん書くことを避けて通ることはできません。本
講座では、適切な素材をたくさん読み、たくさん書く機会を提供していただいているようで
す。これを活用して特許翻訳者としての基礎力を培いたい。これが本講座に期待する第4の点
です。

 

 

  特許翻訳に興味を持った理由や講座への期待を記した「個人の感想」です。

 

よく読まれているブログ