【ビデオセミナー300本プレゼント→受講お申し込み・U815】

 

<自己紹介>

 

文系大学卒、翻訳経験なし、フルタイム勤務の子持ち会社員です。
英語と●語の特許翻訳者を目指します。

 

<勉強歴>

 

●語: 中上級レベル、大学在学時に 1 年間留学経験あり、学習期間は約 12 年
英語: TOEIC865 点、中学~高校までの 6 年間と、ここ 2 年ほどの学習期間

 

 

<仕事歴>

 

社会人経験 13 年(2 度転職)、現職も含め全てオフィスワークです

 

 

<レバレッジ特許翻訳講座を知るまで>

 

翻訳者に「いつかは」なりたいと思い、「自分のペース」でゆるい学習を続けてきました。し
かも、英語、●語の両言語とも「このレベルに達してから、翻訳の勉強を開始したい」という
思いから、学習期間の殆どを検定対策に費やしてきました。今思うと非常にもったいなかった
です。

もともと、●語オンリーで翻訳者を目指していました。
社会人になり、大学時代に学んだ●語が恋しくなり、結婚も控えていたため「家でできる仕事
がしたい」と思ったのが翻訳者に興味を持ったきっかけです。そして●語翻訳者の方にアドバ
イスをいただく機会があり、「△検定の□レベルの合格は必須。その後翻訳の勉強をした方が
良い」とのこと。留学経験があっても難しい検定だったため、スクールに通い勉強し合格。し
かしその後、妊娠・出産~職場復帰後の数年間は生活するのにやっとで勉強を中断してしまい
ました。

 

そして子育てと仕事の両立も慣れてきた頃に、勉強を再開しようと決心。
しかし、その時の私の興味はなぜか●語ではなく、大学受験からまともに勉強をしたことのな
い、英語に向いていました。恐らく、子どもの英語教材の DVD や CD の影響だったと思いま
す。

 

そこで「じゃあ英語と●語の翻訳者を目指そう。英語だったら、翻訳学校も沢山あるし、そこ
で翻訳のノウハウを身につけて●語翻訳にも活かそう。」と決めたのですが、翻訳学校の入学
レベルがだいたい TOEIC600 点からで、TOEIC を受けたことがなく自分のレベルがわから
なかった私は TOEIC 対策から始めました。そして 800 点を超え、大学の受験前くらいのレ
ベルを取り戻せたな、と思い他校の翻訳講座(通信・基礎)の受講を開始したのが昨年末です。
講座内容は満足でも不満足でもありませんでした。

 

添削課題に取り組む時に、毎回かなりの時間をかけて訳しても、添削が戻ってきた時にはすっ
かり忘れてしまっていて復習がおろそかになっていましたが、「受講していること」で身につ
いている気分になっていました。

 

 

<この講座に興味を持ったきっかけ>

 

通信講座の基礎卒業にあたって、次の専門コースを決めることになったのですが、興味のある
メディカルか、●語翻訳の需要もある特許にするか迷っていました。そんな時に中国語の特許
翻訳者として活躍されている卒業生のブログに出会い(英語以外の言語で活躍されている、と
いう点がポイントでした)、早速資料請求をしました。

資料を読み管理人さまのブログも見たのですが。
今までの勉強方法や自分の考え方が全否定ですよ(笑)
ショックでしたが、講座案内や管理人さまのブログ、スカイプ相談が今までの思い込み(勉強
していれば、「いつか」はゴールにたどりつく、という)を修正してくれました。考え方が数
日で一気に変わりました。

 

 

<プレゼントの動画を見て>

 

300 本の動画は半分くらい見たと思います。
P&G 特許は机に向かって(フルオロポリマーは見ていません)、その他は通勤中と昼休みに
見ました。正直、早朝学習で動画は眠いだろうな…と思っていたのですが、ノートに書き留め
たり、動画を止めて調べたり手が常に動いている状態で時間があっという間に過ぎ全く退屈
しませんでした。

 

P&G 特許が楽しかった時点で受講はほぼ確定だったのですが、

 
・P&G は化粧品だったから面白かっただけで、本当に特許に興味が持てるか?
・化学や物理に興味が持てるか?
・Trados や色んなソフトが必要になるけれど、機械音痴で操作に自信がない
・やはり、受講料が高額(費用対効果で考えれば高額ではないのですが)なため戸惑いがある
・そもそも、勉強時間を確保できるか?

 
これらの不安が頭をよぎると、思い切って申込ができず。
しかし、この 1 ヶ月間に自分のこれからを見つめ直す様々なことが立て続けに起こりました。
愛犬が命に関わる病気をし、主人が車をぶつけて思いがけない高額出費があり、職場では理不
尽なことばかり…。「今後も何が起こるのかわからない」と感じました。そして、「今はまだ、
時間は限られているけれど動ける。ずっと翻訳者になりたかったのであれば、早く行動を起こ
して、フリーランスとして仕事をしたい。」と強く思いました。

職場についは、現在契約社員で最低賃金に近い時給で働いているにも関わらず、正社員並みの
責任を負わされ、サービス残業もあります。でも、ボーナスは出ないし、会議招集もされず、
大切な情報が下りて来なかったり。

低賃金でこき使われるのはもうこりごりです。「稼ぐために努力する」と決め、この講座の受
講することにしました。
不安はまだありますが、積極的に学ぶことで解消していこうと思います。

 

<目標>

 
稼げる英語・●語特許翻訳者になること
翻訳者デビューして 3 年以内には正社員で働いていたころの給料を目指す

 
1 年後 2019 年 前半:今の職場を退職後チェッカーとして仕事を始める
半ば~後半:翻訳のトライアルに合格し、翻訳の実ジョブを経験する
2 年後 2020 年 少しずつ翻訳業をメインにしていく
3 年後 2021 年 翻訳業を中心にし、仕事量を安定させる
4 年後 2022 年 月収は正社員で働いていたころ以上、さらなる高みを目指す

 

 
<勉強時間の確保について>

 
平日:3 時間+通勤の往復 1 時間
土日祝日:5~6 時間

 

<学習計画>

 
まだ具体的には立てておりません。
・今月は勉強机や PC 周辺機器を購入し環境を整え、講座ビデオの全ダウンロードも完了させ

・理系知識が全くないため、4~5 ヶ月間は化学・物理のビデオを中心に見て知識習得を目指

・並行して通勤時間や昼休みには明細書を読む(最初は日本語中心)
・CV は受講後すぐに作成に取りかかり、3 ヶ月以内に完成させる

 
今年中には今の職場を退職するつもりですが、しばらくはフルタイム勤務×家事×育児があ
りますので確保できる勉強時間は他の受講生の方と比べると圧倒的に少ないです。けれど、何
かが落ち着くまで申込を待っている時間ももったいない。正直「学習に全てを捧げる」状況で
はないですが、決めたことは継続して努力するつもりです。受講期間は 1 年半ですが、1 年半
めいっぱいの予定を組むのではなく、受講期間は 1 年と考えて結果を出したいと思います。
申込をさせていただきますので、よろしくお願いいたします。

 

 

※ 受講するにあたっての決意を記した「個人の感想」です。

 

よく読まれているブログ