特許翻訳に興味を持った理由を教えてください。

 

企業(建設機械業)に技術職として入社しましたが、出産などをきっかけに総務を経て、知財
部に移り、4 年ほど知財関係の仕事をしておりました。時短勤務でしたが、特許法を勉強し、
特許調査のスキルを身につけ、フルタイムの社員と同じ量の業務をこなしていました。社内で
知財講座の講師をする機会もあり、受講者からは「わかりやすい」と評判も良かったです。
しかし、その間、給与は全く上がらないどころか新入社員よりも低いレベルでした。時短勤務
に加え、子供や自分の病気で休む私は、給与査定が極端に低かったのです。業務内容よりも勤
務時間が長い方が評価される会社でした。一日中遊んで過ごし、定時を過ぎてから業務を始
め、残業代を稼ぐ上司を、隣の席から悔しい気持ちで見つつ、絶対見返してやると思いながら
過ごしていました。せっかく身に着けた知財関係のスキルが活かせて、自分の実力だけで評価
される仕事は何か考えた結果、在宅でできる特許翻訳を選びました。会社を辞め、現在は特許
翻訳の初校の仕事をもらいながら独学で勉強しています。

 

 

本講座にどのようなことを期待しますか?

 

とにかく稼ぎたいです。主人が単身赴任だったため、身寄りのない場所で、一人で育児をしつ
つ一生懸命やっていた時間をなかったことにしたくないので、当時の分まで稼ぎたいと思っ
ています。そういった怨恨みたいな理由もありますが、経済的に自立しておきたいという理由
もあります。
確実に稼げるスキルを身に付けたいことから、こちらの講座で興味があるのは、トライアルに
受かる方法や Trados など仕事を効率的に処理する IT スキルに関する内容です。訳文作成の
トレーニングが中心の大手スクールの講座内容は、時間はかかってもある程度は独学でたど
り着けそうな気がして受講をためらっていました。しかし上記のような内容は独学では私に
は難しいです。トライアルを受けさせてもくれないことがあるとは知りませんでした。業界的
に化学系や機械-化学等のハイブリッド特許が多いことなども勉強不足でした。これまで、機
械系の日英を中心に勉強してきましたが、分野を自分で限定せず、マルチプレーヤーを目指し
たいと思います。スパルタと伺っていますが、私にとって大金を投資するからには、最後まで
あきらめずに結果を出したいと思っています。

 

 

  特許翻訳に興味を持った理由や講座への期待を記した「個人の感想」です。

 

 

よく読まれているブログ