「独学」でプロになることも不可能ではありませんが、
さっさと翻訳学校、翻訳スクールを利用して稼げるようになった方が
生涯賃金を考えると、はるかに得策です。

 

では、翻訳学校を利用するとして

 

通学と通信・・・どちらを選んだ方がいいのでしょうか?

 

どちらも一長一短あると思いますので、
それぞれのメリット・デメリットを見て頂いてから
ご判断いただければと思います。

 

 

通学について

 

メリット

好立地の設備の整った場所で、授業を受けられるという
安心感・信頼感はやはり抜群だと思います。

 

 

21f8998ea5703b443a3e451efa223e38_m

 

 

さらに、同じクラスになった人と友達になったり
情報交換が出来るので、孤独感を感じることもないはずです。

 

また、1人だとどうしても勉強を怠けてしまう・・・
というタイプの方には、一種のペースメーカーとしての役割が
期待できると思います。

 

 

デメリット

社会人になってからの勉強は、学生のそれと異なる障害があります。

 

 

通学にかかる時間

学校まで、ドアtoドアで、片道1時間以上かかったり、
さらに、自宅と反対方向への移動になれば、長期間
疲れた体で通学することに耐えられるかどうか疑問で、

 

ドロップアウトしてしまう可能性も、通学時間の長さに比例して
高くなってしまいます。

 

 

957e4a754d87d5cdea9e66d2cd6d0d11_m

 

 

 

家族の理解を得ることの困難

 

会社員の方で、通学するのも勉強するのも主に週末
ということになれば、土日が完全につぶれてしまいます。

 

独身ならこれでもいいでしょうが、家族がいるのに
土日を自分のためだけに使う、それも長期間にわたって・・・

 

ということに関して、家族の理解・協力が得られるかというと
なかなか難しいのでは?というのが正直な感想です。

 

 

 

その場に行かないと学べない

社会人の場合、通勤時間や昼休み、就寝前・早朝の時間帯の活用が
成功のカギとなりますが、そのような時間の有効活用
通学コースでは、そもそもできません。

 

 

 

欠席への対応ができない

急な残業や、ご自身またはお子さんの病気で、
やむを得ず授業を「欠席」してしまった場合でも、
フォローアップ授業があるわけではありませんし、

 

 

4874aeb73ad31e0ce1fbc473b77e8160_m

 

 

また、小さなお子さんがいらっしゃる場合、
なかなか頻繁にお子さんを預けて出かけるというのも
実際問題、難しいのではないでしょうか?

 

 

 

受講料以外の費用がかかる

さらに「交通費」や「外食代」もバカになりません。
数十回分となれば、それなりの出費になってしまいます。

 

 

 

通信について

「通信」と一言で言っても、以下のような「様々な受講スタイル」があり、
それに応じたメリット・デメリットがあります。

 

 

各種の受講スタイルとメリット・デメリット

 

郵送を利用する方法(1/3

<概要>

 

昔さながらの「紙の資料」が「郵便」で届く→
受講生が解答・返送する→スクールで添削→返送というパターン

 

 

6af0fce0d1754b99d17987901b3bd32b_m

 

 

<メリット・デメリット>

 

やりとりに時間がかかってしまいますので、
自分の解答に対する「添削」や「質問に対する回答」が返ってきた頃には
かなりの時間が経過しており、既に記憶は薄れてしまっている・・・
ということになりかねません。

 


 

自宅でLIVE受講(2/3

<概要>

 

通学の必要はありませんが、講義自体は、通学の人と同じ時間帯
LIVE映像を見るというパターン

 

 

<メリット・デメリット>

 

通学の時間や費用の負担がなくなるというメリットはありますが、

結局、授業が行われる時間帯にあわせて、
机に向かっていないといけないので、それが出来ない場合には
通学と同じデメリットが生じます。

 

 


 

動画をダウンロード(3/3

<概要>

 

サーバーに格納されたファイルをインターネット経由で
ダウンロードして、自宅のパソコン内に保存できるタイプの講座

 

 

<メリット・デメリット>

 

いつでも自分の都合のよい時間に視聴・勉強できますし、
スマホやタブレットなどへコピーしておけば、外出先や、
通勤時間・昼休み有効活用して学習を進められます。

 

 

06e31cae7a98a98fc5ad6d5a5f2bef0a_m

 

 

また、わかりにくい箇所は、再生をいったん止めて調べたり、
何度でも繰り返して学習できるというメリットもあります。

 

また、教材が「定期的」な配信ではなく「一括」で
ダウンロードできる場合には、残業がない平日や週末に、
一気に学習を進めることも可能です。

 

 

 

通信全般

上記の理由から、1人でマイペースで勉強が出来るという方には
通信」が断然おススメですが、

 

友達がいないとダメだ!

1人で家で勉強をしていると「孤独」を感じてしまって
どうにも勉強が続かない!

 

という方は、もう「通学」しか選択肢はないと思います(苦笑)。

 

 

 

まとめ

通学 vs 通信」さらに、通信の中でも
vs LIVE動画 vs ダウンロード

 

という選択肢がありますが、どれも一長一短ありますので、

 

自分がどのタイプか?」ということをよく見極められたうえで、
申し込まれることをお勧めします。

 

おそらく、どこの学校を利用されても安い買い物ではありませんし、
自分の将来を左右する大切な選択です。

 

 

その学校で本当にプロの翻訳者になれるのか?

 

という観点から、カリキュラム講義の合計時間などを
比較検討していただければと思いますが、

 

間違っても5年も、10年もず~っとリサーチするのはやめて下さいね。

 

本当の試練は、その先にあるのですから・・・

 

 

93aa24e97c674c2722e0c042051512b8_m

 

 

この他にも「翻訳者になるために」役立つ情報をお送りしています。
よろしければ、メルマガにご登録ください(筆者)

 

よく読まれているブログ