もちろん、なれます。

 

当たり前ですが、現在の職業によって、特許翻訳者になれるかなれないが
決まるわけがありません。問題は「勉強時間の確保」です。

 

プロになって年収数百万ペースで稼げるようになるためには、
もちろん個人差はありますが、1500時間程度の勉強時間が必要であり、
この時間を毎日の生活の中でどうやって捻出するかが問題となります。

 

専業主婦なのか、昼間は会社員なのか、小さなお子さんがいらっしゃるのか
等によって勉強に回せる時間は大きく異なると思います。

 

 

けれども、「時間がないから無理」とは考えないでください。

 

私は、副業で勉強も、講座も、翻訳もやってきました。
2016年秋に会社を退職する前まではすべて平行してやっていました。
アナタにできないわけがありません。

 

ただ、恵まれた立場にいる方は危機感が欠如しやすいので、
それが不利に作用する可能性はあります。

 

プロの特許翻訳者になれたらいいけど、別になれなくても困ることはない、
という程度であれば辛い勉強から逃げてしまう可能性が高まるからです。

 

 

この講座は、パートで稼ぐ程度のお金でいい、自分で自由になるお金が
年100万円もあればいい、という方向けの講座ではありません。

 

その金額でいいなら、何も苦労して特許翻訳の勉強をしなくても、
スーパーのレジ等のパートで目標は達成できるはずです。

 

 

けれども、プロの翻訳者になれば、必然的に年収数百万です。

 

つまり、パートでは稼げないような年収を得るんだ、
一生食べて行けるような仕事として特許翻訳者を目指すんだ、
そのための勉強をやり遂げるんだ、

 

そういう覚悟がない人には無理だということは、
主婦であっても会社員であっても同じなのです。

 

よく読まれているブログ