プロの特許翻訳者になるために必要なノウハウを「無駄なく」「1年間」で
身につけて頂けるように、膨大なコンテンツを惜しみなく提供する講座だからです。

 

資格や認定を得るための勉強をいくらやっても、プロの翻訳者にはなれません。

 

プロの翻訳者になるための最短コースを走りたいのなら、
中途半端な「特許法の知識」や「過度な英語力」などのムダを極限までそぎ落とし、

 

最初から「特許明細書」を読むこと、それも大量に読むことを
常に意識した学習をして頂くことが、
トライアル合格への最短コースであると同時に、
プロになってからの「即戦力」の基礎体力を身につけることに繋がるのです。

 

よく読まれているブログ