翻訳者になる夢を叶えました

 

このまま派遣・・?

そう思っていた彼女が、なぜたった1年
プロの特許翻訳者なれたのか?

 

翻訳の仕事に憧れていましたが、
当時の私のTOEICの点数は700点
しかも、文系出身

特許翻訳なんて無理だと諦めていたところ、私と同様の経歴の方がたった1年プロ
なられた話を聞いて、チャレンジしたい気持ちを抑えられず受講を決意しました。
講座は噂どおりの「質・量」のコンテンツ大変でしたが(苦笑)あれはプロとして
やっていくための最低限の勉強だったと、
仕事を始めてから痛感しています。

 

 

その秘密がわかる[動画]10本セットを

メルマガ登録者無料で公開中! ↓ ↓ 

(人生を変えるチャンスです) 

 

【動画タイトルはこちら】

 

 1. 特許翻訳者になるには

 2. ipdl and 3M patent

 3. アルカンについて

 4. 学習曲線

 5. 翻訳者に必要な処理速度

 6. 文書型データベース活用

 7. 正規表現と秀丸

 8. CVについて考える

 9. 及び並びに、またはもしくは

 10. Googleコーパスとして活用

 

 超入門・特許翻訳

 スターターキット

 メルマガ登録後に、ダウンロード

  こちらからご登録下さい

   ↓ ↓ ↓ ↓


 

 あなたのその英語力、お金に換えられるってご存知ですか?

 

レバレッジ特許翻訳講座

ゼロから始める

オンライン翻訳講座

レバレッジ特許翻訳講座の管理人です。

 

みなさん、英語の勉強に相当なお金時間を使っていませんか?

いい加減、投資したお金を特許翻訳を始めて回収しましょうよ。

 

この講座・・・スパルタ講座って呼ばれているらしいですが、
ちゃんと稼げるようになってもらいたい!ただそれだけなんです。

だって、優しい甘い耳ざわりのよいことばかり言って、
結果としてプロになれない方がよっぽどヒドイ・・・
そうは思いませんか?

 

 

 特許翻訳ってこんな方にぴったりの仕事です。

 

 

☑  英語を活かした仕事がしたい

  • ☑  会社の業績が悪くて不安だ
  • ☑  派遣の仕事を切られそうで不安だ
  • ☑  社内の対人関係に疲れている
  • ☑  通勤するのはもうイヤだ
  • ☑  結婚出産で中断した仕事を始めたい
  •   ご主人に転勤で、会社勤めは難しい
  • ☑  自宅でマイペースで仕事がしたい
  • ☑  データ入力では報酬が物足りない
  • ☑  フリーランスとして働きたい
  • ☑  副業の仕事を探している
  • ☑  一生のものの専門的スキルが欲しい

  

 翻訳者に向いているか..

 わかる動画10本セット

 チャレンジしてみませんか?

    ↓ ↓ ↓ ↓


 

 英語しかできないの?とはもう言わせない!

 

「英語ができる」ただそれだけで仕事を取るのは正直難しいです。

でも、あなたが既に持っている英語力を活かして、特許翻訳をマスターし
英語+αの力」を身に付けることができたら

 

もう二度と会社や、年齢や、居住地等に左右されることのない、

そして人がそう簡単には参入できない一生それで食べていけるような
専門的なスキル」にきっとなるはずです。

 

 

 

 体験入学で動画を見よう!

 

2号:特許翻訳者になるために

翻訳者に必要な国語力、英語力
ITスキル、自己管理能力、
営業力について説明しています。

6号:IPDLと3M特許

日本特許庁DBへのアクセス方法
及び特許の読み方について具合例をあげて説明しました。

 

17号:アルカンについて

アルカンを例に、化学の基礎について学びます。

20号:学習曲線

成長曲線を用いて、
プロの特許翻訳者になるまでの
プロセスを分析しています。

 

 

23号:翻訳者にとって必要な処理速度

プロの翻訳者に必要な処理速度と保つべき品質について図解しながら説明しています。

 

 

27号:文書型データベースの活用

知らないと絶対に損をする文書型データベースを紹介します。

30号:正規表現と秀丸

使いこなせると大変有利な正規表現を紹介します。

 

40号:CV(履歴書)について考える

仕事を獲得するためにはどのようなトライアル応募書類にすればいいか、実戦的に解説。

45号:法令用語、およびならびに、またはもしくは

特許明細書は権利文書でもありますので、法令用語の基礎知識を学びます。

 

67号:グーグルをコーパスとして活用する

英語学習を加速するためのコーパス活用術について学びます。

 

 卒業生の声です

 

119132b

文系、男性、会社員、9ヶ月でトライアル合格

すぐに高レートで実ジョブ受注、他校受講歴なし

 

私は、大学も出ておらず、理系の知識はゼロ、
特許明細書は読んだことがない
という状態から、
このレバレッジ特許翻訳講座を受講して9ヶ月目で
最初のトライアルに合格し、プロの特許翻訳者になることができました。

 

 

■なぜこの講座を選んだのか。

 

この講座の内容が、こうすれば自分でも特許翻訳者になれるのでは
想像していた勉強内容と最も近い内容であったこと

 

他の多くの講座は、その期間に勉強する内容が少なすぎて、
この量ではプロになれるだけの知識と技術が身につくのは
難しいであろうこと

 

さらに、他の講座と比べても、同一期間で比較すると
受講料がかなり安く1つのコースでゼロからプロになるまで
指導するというものだという点からです。

 

 

■講座を受講しての感想

 

かなりの時間を投入して努力する必要はありますが、
短期間で効果が出るためやりがいを感じやすく、
プロとなるまで大いに楽しんで受講することができました。
もちろん、大いに苦しみもしましたが・・・

 

勉強する内容は非常に多いですが、プロになってみてから振り返ると、
これがゼロからプロのスタート地点に立つために必要な
最低量だと分かります。

 

これ以下の勉強量では、どの翻訳会社のトライアルにも
合格できなかったでしょう。

 

それでも、1年間で結果を出せるように、講座の内容からは、
余計なものはすべてそぎ落されていますので、
効率的な学習ができます。

 

私の場合、この効率的な指導方法で一番大きな成果が出たのは、
理系の知識でした。

 

特許翻訳をする上で、ここまで理解しなければ
正確な翻訳はできないが、ここより深く理解する必要はないという、
知識の見切り方
についてしっかり指導していただいたおかげで、
受講開始時に中学生以下の理系知識しかない私でも、7ヶ月ほどで、
最初のトライアルに合格することができました。

 

受講料は、講座がカバーする範囲と量を考えれば、
非常に安いと思います。同じ内容と量を他の講座などで
勉強しようと思えば、数年の期間と百万円以上の受講料
かかるのでは、と思います。

 

 

■こんな人には向くが、こんな人には向かない。

 

特に理系知識ゼロからのスタートという場合は、
特許翻訳を勉強する目的が明確で、そのために努力できる
という方ならやり通せると思います。

 

特に、達成したい目標があって、
その手段として特許翻訳を選ぶという人は、
高い確率で成功する
と思います。

 

逆に、特許翻訳者のイメージに憧れて…という人は、
内容の厳しさから途中で挫折する
のではないでしょうか。

 

また、この講座はe-ラーニングですので、
講師との関係だけがすべてです。

 

仲間がいないとモチベーションが持続できない
というタイプの方には不向き
だと思いますが、
勉強は一人のほうが性に合う、講師との二人三脚で
プロまで駆け上がろうという意識の方には
特に向いているのではないかと思います。

 

119122r

文系、女性、会社員、翻訳経験なし、ゼロから特許翻訳者へ

 

私は、文系翻訳未経験、学生時代から理系科目は苦手
仕事は特許翻訳とは無関係の職種でしたが、おかげさまで、
現在、特許翻訳のお仕事をさせていただいています

特許翻訳者になりたいがどうすればいいか迷われている方へ
参考になれば幸いです。

 

 

■なぜこの講座を選んだのか。

 

他の講座の案内などを見てみると、みんなで実際に翻訳をしてみる
という形式が多いですが、これでは習った範囲の知識がつくだけで、
広範囲をカバーできるような応用力がつかないのでは
と疑問を感じていました。

 

そのため、翻訳者として自立し、仕事をこなしていく力を
つけられる講座
を探していたところ、
レバレッジ特許翻訳講座を見つけました。

 

フルタイムで働いていましたので、
自分の空き時間を利用できる通信講座だという点も良かったです。
講座案内を何度も読んで、自分が求めているものを得られる
講座だと思い、申し込みました。

 

ただ、当時は今のように、卒業生のブログなどもあまりなく、
もしかして詐欺かもしれないという不安がなきにしもあらずでしたが
(すみません)本気で特許翻訳者になると決めていた私には
あまり迷いはありませんでした

 

 

■講座を受講しての感想

 

想像よりもかなり広範囲をカバーした講座でした。
独り立ちする実力をつけてくれます。

 

私は文系で、理科は苦手でしたが、先生が紹介されている本を読み、
化学をおもしろいと感じられるようになりました。

 

さらに掘り下げた知識を得る方法も教えてもらえます。
理科が苦手という理由だけで迷っていらっしゃる文系の方には
ぜひ挑戦されることをおすすめいたします。

 

講座の中で、技術法律などの知識の習得の仕方を学ぶことができます。
わからないところを聞いて、答えを教えてもらうような
付け焼刃的な学習ではなく、どうすれば答えを導き出せるか
というプロセスを学ぶことができる講座です。
仕事として翻訳していく上で不可欠な能力を得られると思います。

 

講座を通して、仕事をしていく上で必要な環境を整備できたのは
非常に良かったです。おかげさまで講座から仕事に
スムーズに移行できましたし、必要なIT技術
身に付けることができました。

 

こういった準備がなければ、いくら英語力を高めても、
太刀打ちできなかった
のではないでしょうか。

 

特許翻訳者になることがゴールなのではなく、さらにその先の、
他の翻訳者に差をつけるレベルの高い特許翻訳者を育成しています。

 

そのため、かなりハードスケジュールで勉強に打ち込む覚悟が必要です。
努力した人にはその分だけ、成果が表れる講座だと思います。

 

 

■こんな人には向くが、こんな人には向かない。

 

・特許翻訳者になりたいという気持ちが強い

・目的のために自分自身に厳しくなれる人

素直な人

・理解したあと自分でどんどん工夫していける人

質問力のある人(私はあまり質問しませんでしたが…)

 

この講座に向いていないと思う人

 

・他力本願な人

・「最終的に特許翻訳者になれなくてもいいや」という気持ちの人

打たれ弱い

 

以上です。

講座を受講して本当に良かったです。
1年間、どうもありがとうございました。

130194b

20代後半・男性、独身、翻訳講座受講歴は本講座のみ

 

私は、文系翻訳未経験、学生時代から理系科目は苦手
仕事は特許翻訳とは無関係の職種でしたが、
おかげさまで、現在、特許翻訳のお仕事をさせていただいています
特許翻訳者になりたいがどうすればいいか迷われている方へ
参考になれば幸いです。

 

 

■現状

 

講座の受講開始から1年が経ちました。
10ヶ月目に初めてトライアルに合格
現在2社と特許翻訳者としての登録をしております。
合格した内1社から実ジョブを受注することができました。

 

実ジョブを受けたといってもまだお試し期間中でしかない訳で、
このような不安定な状況にいる者の受講感想に役立つ部分は
あまりないかとも思いますが、この1年の振り返りも兼ねて
感想とさせていただきます。

 

 

■受講に至るまで

 

現在私は十代のころから続けている接客業に従事しております。
もちろん大学にも進んでおりません。

 

現職の収入は低く、勤務環境もよいものとは言えず、
将来を考えれば、不安な面しか見えなく
何か行動をしなければと思ってみても具体的な策が浮かばず、
ただ焦りを感じながら毎日、ただ家と職場を往復するだけの
惰性で過ごしているような生活をしておりました。

 

そんな中でこの講座のブログを見つけたのは何がきっかけだったのか、
今では思い出せませんが管理人さんの記事やリンクされていた
おサルさんのブログ、講座ブログで結果を出された方たちの
受講感想を読んでいくうちに、これが現状を変えるきっかけに
なるのではないかと特許翻訳への興味が沸き、
本講座を受講してみたいという気持ちになっていきました。

 

しかし英語にも、そもそも勉強自体が縁遠い生活を送っていたので
実際に受講するとなるとすぐには決心が付かず、
しばらくは昔の知識を頼りに英語を独学で勉強していました。

 

勉強自体は楽しく続けていたのですが、
このまま趣味の域を脱しないような勉強を続けても
翻訳者にはなれないだろうという気持ちがあり、
思い切って講座案内を請求し、
資料を何度か読んだ後も、以前に抱いた受講を考える気持ちに
変わりが無かったので受講を決めました。

 

 

■受講中の勉強について

 

受講を始めてから数ヶ月は、
明細書の読解や化学シリーズの勉強に時間をかけても
分からないことが増えていくばかりで不安が優っていました。

 

けれども、ビデオセミナーの中で、
管理人さんから薦められるやり方を真似するようにして
勉強を進めました。

 

時折ビデオ内で「前も出てきたところです」
「以前にまとめていると思いますが」等の
発言があったとき、手元に言及されていることについて、
まとめたノートがあることで少しでも進歩があったような
気がして1人喜んだりしておりました。

 

また、翻訳業界については何も知識が無かった自分にとっては、
CVの書き方やトライアルについてなど、
他の講座や書籍でも語られないような部分について
知れたこともとても良かったです。

 

知らなければトライアル合格もまだまだ時間が
掛かったのでは無いかと思っています。

 

 

■最後に

ビデオ講座で時折、翻訳そのものとは関わりなく語られる話
(メンタルブロックについてなど)、受講生の方々のブログ
(毎日の勉強についてやトライアル合格の記事)
励まされることも多かったです。

 

今後は、まずはお仕事を安定して取っていけるように
勉強とトライアルを続けていくこと、
資料や備品など以外にお金を使っていくこと
(学会参加やショウ・コンベンション参加)
を目標として精進していくつもりです。

 

1年間本当にありがとうございました。

134838r

文系、女性、特許事務所勤務から特許翻訳フリーランスへ

 

受講後トライアルに5社合格し、
半年ほど前からフリーランスとして独立できました
受講前から契約していたエージェント2社も含め安定的に受注でき、
現在は数社をメインに計7社と契約しています。

 

分野は化学だけでなく医療や電気分野との複合案件も
リピート受注しています。

幸い退職や契約のタイミングが良かったこともあり、
契約直後からお仕事をもらえており月収も下がることなく
フリーランスとしてはかなり順調な出だしではないかと思います。

 

 

■受講するまで

 

受講前は、1~2年間「基礎講座」や「技術系の通信翻訳講座」
を受けてみましたが、納得のいく添削がされるわけでもなく、
また高額な割に教材が届いてみると、
あまりにも内容も量も少ない点や、質問は添削1回につき1問だけ
といった点に不満を感じていました。

 

その一方で、だらだらと勉強をしながら、
将来的にはフリーランスになりたいと
なんとなく考えていました。

 

その頃は、応募しても、大抵トライアルは送られてくるものの
落ちることが多く、今思い出せば「置換屋さん」的発想で
翻訳ができると思っていた節がありましたし、
契約できてリピートされても、ごく短い中間処理案件が
来る程度で、明細書翻訳の依頼は来ないなど、
独立はとてもではないですが無理な状態でした。
トライアルもぎりぎり合格だったのだろうと思います。

 

受講前からしばらくの間、管理人さんのブログは毎日チェックし、
メールマガジンも申し込んで勉強したり、
管理人さんのおすすめの椅子やソフトなどは
少しずつ購入したりして揃えていました。

 

ビデオセミナーが有料化するタイミングで、
無料のコンテンツから判断して
この講座であれば十分だろうと確信し受講を決めました。

 

 

■受講した感想

 

受講して一番変わったのは、
やはり「置換屋さん」的発想がなくなったことです。

 

特に最近のビデオセミナーでは、文脈をどこまで読み取るべきか、
どこまで調べるべきかといった点を意識しながら視聴すると
非常に効果的で、仕事をしながらももっと精進しないと、
と思わされることもしばしばです。

 

この講座は英語や技術内容、Tradosの使用法、
フリーランス生活についてや、お金や営業方法など
多岐に渡る情報をいただけ、新たな視点やヒントももらえます。

 

そういった点でもかなり内容的に充実しており、
ここまでカバーできている講座は他にはないといえるでしょう。

 

メルマガ登録すると、もっと大勢の方の感想がお読み頂けます。

 

あなたの経歴に近い卒業生を探してみて下さい。
そして、その人の人生がどう変わったのか
ぜひ確かめて下さい。

 

もしあなたが、英語を活かした専門的な仕事に興味があるのなら、
きっと心がざわつく内容になっているはずです。

 

 

 メルマガ登録で今すぐ見る!

特許翻訳スターターキット、動画10本セット」

 講座の体験入学が可能です

  こちらからご登録下さい

   ↓ ↓ ↓ ↓


3年で年収1000万円を目指すオンライン特許翻訳講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加