特許翻訳者を目指すなら学生時代から

得意な「英語」をいかせる
高収入な在宅ワーク

親を含む周囲の人間関係からのすり込みによって、
「大学を出たら会社に就職する」という方がほとんどですし、
その選択に疑問を抱く人はごくわずかだと思います。

 

しかし、学生時代から準備して、20代でフリーランスという
働き方の選択肢を持つと人生は大きく違って見えます。

 

今回は、大学時代から特許翻訳の勉強をすることの価値について
お話ししたいと思います。

 

 

 

翻訳者vs会社員の収入面の考察

 

下記の図1は、平成26年度分・民間給与実態統計調査
(国税庁 長官官房 企画課)調査結果報告001.pdf
P18に掲載されている「年齢階層別の平均給与」です。

 

 

以下、この図を元にしてお話していきましょう。

(図1)

20160718-1

 

現在、日本の財政状況の悪化に呼応して、
年金受給開始年齢がどんどん遅くなっています。

 

政府も65歳受給開始を前提として、民間企業の雇用延長を
求めていますが、現状は思い通りには進んでいません。

 

民間企業も厳しいビジネス環境での生き残りをかけて
コストダウンを図っています。

 

従って、従来の定年である60歳以降にたとえ雇用延長が
あったとしても、それは嘱託など雇用形態の変更を
前提としたものが多く、その年収も定年前の3分の1あるいは
4分の1での再雇用といった会社が多いのです。

 

 

図2を見てみてください。

 

20160718-2

(図2)

 

年収の上昇カーブが、50代半ばから低下し始めることが

お分かり頂けると思います。

 

 

更に細かくみていくと、図3の青丸で示したように

 

20160718-3

(図3)

 

定年前(55~60歳)で賃金調整と見られる年収低下も見られます。

 

 

会社員として生活していくということは、
おおむねこの年収を前提として、結婚、出産、育児、マイホーム購入
教育、病気などのライフイベント・アクシデントに
対応することになります。

 

 

 

翻訳者と会社員の生涯年収

 

では、フリーランスの場合はどうなるのか、
比較してみたいと思います。

 

 

 

両者が同等と言えるには

フリーランスの場合、会社員ならではの恩恵とは無縁です。

 

健康保険、失業給付、社補助、有給休暇などは存在しませんから、
会社員の年収より高い収入があって始めて同水準となります。

 

会社員の場合は源泉徴収であるのに対して、
フリーランスの場合は経費処理できる部分もあり
この点は確かに有利ですが、逆にフリーランスの収入には
不安定という弱点もあり、どこをどれだけ勘案するかによって
大きく違いが出てしまいます。

 

そこで、ここでは稼働率がほぼ同じという前提で、
概ね年収で1.5倍稼いでいれば同等レベルの生活ができる
いう前提でお話ししたいと思います。

 

 

 

比較する具体的な年収金額

下記の図3でお分かりのように、
会社員の年収のピーク値は50~54歳で656万円です。

 

 

20160718-3

 

 

その1.5倍だと984万円・・・

 

私が主催している特許翻訳講座ではプロになってから
3年程度で年収1000万円を目指していることから、
会社員のピーク相当額である年収1000万円を
翻訳者として稼いだケースで比較してみたいと思います。

 

 

 

詳細な検討(一般論)

では、どの段階で1000万円に到達できるでしょうか?

 

大学を22歳で卒業して3年間の勉強期間を経て4年目から、
すなわち26~27歳でこの年収に到達できます。

 

そうすると図4のようなラインとなります。
(緑色の横線は1000万円の高さを示します)

 

 

20160718-4

(図4)

 

1000万円で横一線となっている理由は、
収入が安定した後は、効率化によって生まれた時間を
別のビジネスの準備のために振り向ける戦略を
講座でもお勧めしているためです。

 

フリーランスは60歳定年がありませんから、
健康を維持できれば80歳での稼働も可能ですが、
会社員が嘱託などの身分で70歳まで稼働できた場合と
比較するために、フリーランスも同じ70歳で引退するものとします。

 

すると、会社員とフリーランスの生涯収入の見かけ上の差は、
下記の図5の緑の横線と赤線との間の「黄色の斜線部分」の
面積で表されます。

 

 

20160718-5

(図5)

 

しかしながら、前述のように、フリーランスの年収は
会社員の年収の「1.5倍で同等」であるという前提で見直すと、
図6の「赤い斜線部分」が実質的な生涯収入の差となります。

 

 

20160718-6

(図6)

 

このことから、会社員の年収が上がりきるまで、
どれだけ早い時期に年収を上げて安定させることができるかが、
生涯年収レベルで大きな差を生むことがおわかりいただける
と思います。

 

これができれば、50代後半から年収が低下し、
60歳以降は年収が激変する会社員と比較して、
翻訳者は生涯収入レベルで大きな差をつけることが可能となります。

 

 

 

詳細な検討(女性の場合)

さらに、着目して欲しいのは女性の年収ラインとの差です。

 

女性の場合、結婚、出産、子育て、配偶者の転勤等のために、
キャリアが断絶され、職場復帰できるのはアラフォーになってから
ということも少なくありません。

 

この時、「正社員」として復帰できる人はごくわずかですし、
それが可能な場合であっても、「時短勤務」などによって
本来の正社員なら稼げていたはずの年収レベルに戻るのは
難しいのが現状です。

 

 

正社員に復帰できず、非正規雇用にとどまれば

さらに不利な状況に陥りますので、結果、生涯を通じて
年収は200万円台に押さえ込まれています。

 

ですから、フリーランスとして安定的に稼げた場合との差は、
女性の場合、非常に大きなものとなります。

 

 

図7の「ピンクの斜線部分」が女性の場合のフリーランスとの
生涯年収の差となります。

 

20160718-7

(図7)

 

このように、フリーランスとして早期に安定稼働できた
20代女性は、その後、非常に有利であることが
おわかりいただけると思います。

 

加えて、フリーランスには大きなメリットがあります。

それを次にお話しましょう。

 

 

 

翻訳フリーランスのメリット

 

上でも少しお話しましたが、この不透明な時代では、
複数のマネタイズの柱を確保することが絶対に必要です。

 

そのためには、できるだけ時間を余らせて、その余った時間で
次のビジネスの仕込みをする必要があるのですが、
会社員の場合、この点でも非常に不利です。

 

昨今、ブラック企業が有名になったこともあり、
企業も表だって副業禁止とは言っていません。

 

しかし、職場の現状はリストラが進み、人手不足となり、
残業前提の業務分担となっている場合はほとんどです。

 

同じ職場にいて、毎日定時に帰って副業に勤しんでいたら
すぐに職場の同僚に感づかれて人事にたれ込まれて
各種不利益扱いされるのがオチです。

 

事実、多くの日本企業では社員に余裕を与えない労務環境に
なっています。

 

 

わたしの主催している講座でも、40代~50代の
働き盛りの会社員の方に受講して頂くことがありますが、
最初の頃の勢いを最後まで持続していただける方はあまり多くない
というのが実情です。

 

厳しい会社環境の下、残業が終わってへとへとになってから
深夜又は早朝に時間を確保して勉強を続けるには、
超人的な精神力が求められますから、仕方のないことかも知れません。

 

会社員には、時間的にも金銭的にも新しいことを始める余裕が
ないのです。

 

 

 

学生時代に特許翻訳を勉強する意味

従って、このような厳しい労働環境に入る前に、
女性であれば婚活・結婚・子育ての長いトンネルに入る前に、
新しい武器を手に入れていただきたいのです。

 

そして、そのための準備期間としては、学生時代は、
最大にして最後のチャンスといえるのです。

 

事実、少しずつではありますが、講座へのお問い合わせの中に
学生の方が増えている傾向が見られます。
相当、感度が高い方であるといえるでしょう。

 

周囲に流されて、親を安心させるためにとりあえず会社員となり、
ブラック企業で鬱病にされ、退職し、体調が戻っても
さらに別のブラック企業へと漂流し、

 

結果、再起不能となるまで精神を壊され貧困に沈んだりする前に、
「フリーランス」という選択肢もあることを知っておくことは
とても大切なことだと思います。

 

 

そして、それができる環境にあるなら、あるいは、
できるだけその環境をつくって、勉強を始めて欲しいと思います。

 

資本主義の世の中では、選択肢を持たない人は非常に不利な立場に
置かれます。だって、選択肢がないということは、
相手の言いなりになるしかないのですから。

 

 

 

まとめ

学生時代に「特許翻訳」という武器を手に入れておけば、
会社員の「副業」として仕事をすることもできますし、
仮に会社を退職しても、スムーズに「フリーランス」に
移行できますから、収入の心配がありません。
さらに、生涯年収の面から考えても非常に有利です。

 

特に、女性の場合は、年収レベルを大幅にアップできますし、

配偶者の収入に依存する必要がなくなるので
自由な生き方を選ぶことができ、人生のQOLを上げることが
きっとできるはずです。

 

 

<追伸>

 

この他にも「翻訳者になるために」役立つ情報をお送りしています。
よろしければ、メルマガにご登録ください(筆者)

 

 

この他にも「翻訳者になるために」役立つ情報をお送りしています。
よろしければ、メルマガにご登録ください(筆者)

英語を使って稼ぐプロというと、
多くの人は「翻訳者」と同じぐらい「通訳者」を
連想するようです。

 

通訳っていうと、華やかなイメージを抱く英語女子が
多そうですが、果たしてその実態はどうなんでしょうか。

 

これから、職業として選ぶとしたらどちらがいいでしょうか。

 

私は、会社員時代に不採算部門を他社に売却する事前準備
としての会議に通訳者として駆り出されたことがあります。

 

そのときの経験も踏まえ、「通訳者」と「翻訳者」を
いろんな観点から比較してみたいと思います。

 

 

通訳と翻訳の比較

 

収入について

意外かも知れませんが、通訳者の年収は低いです。

ある雑誌に以下のような説明があります。

 

「1000万円以上の高収入を実現している3人の通訳者は、
1人を除いてキャリア20年以上の大ベテラン。

 

3人の平均キャリアは19年で、全体の平均10.7年の約2倍。
やはり相応のキャリアを積んでいる人が、高い収入にたどりつくようだ。」
(通訳者・翻訳者になる本 2017、イカロス出版刊、P.67)

 

また、通訳者をA~Eの5段階で分けた場合、

 

最上位のAランクで一日あたりの報酬が6~8万円(25年の経験者)
となっています。

 

もし、年間の稼働率が150日だとして、
1日7万円程度の報酬が得られるAランクの通訳者だとすると
確かに年収が1000万円となります。

 

これと特許翻訳者と比較してみます。

 

特許翻訳者の場合、ゼロから初めて3年程度で1000万円に
到達できる可能性がありますから、それに比較して通訳者の場合
同じ1000万円の年収に到達できるまでの年数が長すぎます。

 

通訳者がそのキャリアの終盤において特許、やっと翻訳者が3年程度で
到達できる可能性がある年収まで到達したとしても、
生涯収入で考えると非常に不利であることは明らかです。

 

これだけの差がついてしまうと、キャッチアップも不可能です。

 

 

 

下積み期間について

上記雑誌の同じページに、

 

一日の通訳料金3~4万円の中堅クラスで、
経験が平均7.8年のキャリアとなっています。

 

この中堅クラスの年収を計算してみましょう。

 

もし、稼働日数が150日だとすると年収は400~500万円
にしかなりません。

 

1日あたりの報酬が5万円を超えるのに10年かかるとありますから、
特許翻訳であれば2年程度で到達できる年収700~800万円に
到達するするまでに10年かかることになります。

 

下積み期間が長すぎます。

 

しかも、フリーランスとして独立した当初の年収が
平均で200万円強(同書、P.68より)ですから、
この金額なら、会社員の副業翻訳でも簡単に稼げてしまいます。

 

 

 

稼働率について

翻訳の場合は、一定レベルの評価を得た後は、
ひっきりなしに仕事の依頼がやってきますから、
本人が望めば年間を通じて90%以上の安定稼働が見込めます。

 

処理ワード数とレートがほぼ一定していますから、
結果として毎年の安定収入が見込めます。

 

 

しかし、通訳の場合は、現場に行かなければいけません。

 

移動時間も拘束時間です。ネット経由で会議に参加する方法もありますが
会議が開催されている間、拘束されるという点では同じです。

 

どれぐらい幅広い議題に対応できるかにもよりますが、
移動の日数も含めて年間200日以上拘束され、
そのうち報酬に計算される日数が年間150日対応だとすると
稼働日数を上げて年収を上げるという作戦は使えそうにありません。

 

加えて、いきなり会議に参加しても話についていけませんから、
事前に資料を読み込む日数も考慮しなければなりません。

 

例えば、通訳者として年間300日拘束され、
報酬に計算される日数はその半分の150日ということも考えられます。

 

 

 

レバレッジ的観点から

翻訳であれば、

 

一度経験した同一分野・類似分野の訳例は、翻訳支援ソフトに
ストックしてその後何度でも再利用することが可能です。

 

経験する案件が増えれば、訳例も増強されますから
段階的に処理速度を上げていくことができます。
類似案件の経験値も上がれば、品質も安定することになります。

 

しかし、通訳の場合、

 

一品料理なのでその経験をそのまま別の仕事に使い回すことはできません。
前回と同じフレーズだから、その部分は録音した音声で済ます、
というわけにはいかないのです。

 

 

 

前提条件の厳しさ

通訳者は接近戦で戦う仕事です。

 

現場の雰囲気の変化を読むスキルも必要ですし
社会経験や対人スキルがあるレベル以上であることが
前提となる場合が多いと思います。

 

社会経験が乏しい若い人がいきなり通訳の勉強だけ続けても
仕事の確保には結びつかないはずです。

 

加えて、体力勝負のところもあり、精神面も含めかなりタフな方でないと
安定的な稼働はできません。

 

前述の通り、わたしはある程度の英語力もあり、
議題となった他社特許の知識もある状態で、
企業売却のための会議の通訳を引き受けました。

 

それでも、正直二度とやりたくありません。お断りです。
それぐらいキツイ仕事でした。

 

 

 

子育てとの両立

現場に出かける必要がありますし、場合によっては、
泊まりがけの仕事になります。

 

このような働き方は、出張の多い職場の会社員と同じです。

 

自宅で仕事がしたい。子育てと両立したい。
そのような働き方を希望して退職した主婦のニーズには全く合いません。

 

 

 

まとめ

 

収入、仕事の効率、下積み期間、在宅・子育てとの相性など
さまざまな観点から比較して、翻訳者に軍配が上がります。

 

特に、翻訳メモリによる高速化が可能な特許翻訳に比較すると、
通訳者は生涯収入の点からも非常に不利です。

 

20年~25年かけて年収1000万円を目指すなら、
特許翻訳者になって経験3年~5年で1000万円を目指すのが
得策と言えるでしょう。

 

 

<追伸>

 

この他にも「翻訳者になるために」役立つ情報をお送りしています。
よろしければ、メルマガにご登録ください(筆者)

会社員の副業にもいろいろあると思いますが、
私がおススメしたいのは「副業翻訳」です。

 

その理由を具体的な根拠を示しつつ、
わたしの体験を踏まえてお話しようと思います。

 

 

会社員の副業は必須の時代へ

 

年々厳しくなるサラリーマン人生。一昔前なら大学を出て
それなりの会社に就職したら安泰なんて言われていたのが
夢のようです。

 

国内大手の家電メーカーが海外企業に売却されたり、
絶好調だったハイテク企業で数千人規模のリストラ
実施されることも珍しいことではなくなっています。

 

 

半導体業界やパソコン業界のように統廃合がどんどん進み、
たとえ、会社に残れたとしても勤務地変更職種変更
余儀なくされてしまいます。

 

当然、引っ越しや職場変更に伴う経済的ダメージや
新しい人間関係からくるストレスは増すばかり。

 

 

3231f68395b56cd95d0e73ec3b6e9d31_m

 

 

また、サービス残業の蔓延に加え定期昇給ゼロで、
お小遣いは年々少なくなる一方です。

 

加えて、年金崩壊に終身雇用崩壊、人工知能の台頭で
仕事そのものが無くなる危険も増しています。

 

 

この状況をどうにか打破したい。

将来のリストラに備えたい。

 

職場でのパワハラ・セクハラで鬱病になって最悪退職することに
なっても、家族を守れるように今から備えておきたい。

 

そのために、もう一つの収入の柱が欲しい。

 

 

そんな人には副業翻訳が絶対にお勧めです。
私も副業翻訳で人生が変わりました。
是非、最後までじっくりとお読みください。

 

 

なぜ会社員に副業翻訳なのか

 

最近では、会社員の副業としてネットビジネスも盛んに
なってきました。

 

せどり、アフィリエイト、輸入転売など、インターネットを
使って自宅でできるビジネスも増えてきており、実際、
こうしたビジネスから副収入を得ている人も多いと思います。

 

 

ただ、こうしたビジネスには落とし穴があります。

 

それは、お客さんの中に「職場の同僚」や「取引先の人間」が
混ざっているということです。

 

そこから勤務先の上司や人事にたれ込みがあって、
退職せざるを得なくなったケースも出てきています。

 

有名なのは小玉歩氏です。

 

 

クビになった経緯についてはこの本に詳しく書かれていますので
参考にして頂ければと思いますが、

 

クビでも年収1億円 (角川フォレスタ) : 小玉 歩 : 本 : Amazon

 

 

彼のように、部屋に呼ばれて「副業をやめるか、会社をやめるか
どっちか選べ」と言われて、

 

「はい、じゃあ会社辞めます」と言える人は
ほとんどいないのではないでしょうか。

 

安定した一流企業の正社員の身分を捨てることには抵抗がある
と思いますし、家族も同意しないでしょう。

 

 

彼の場合、その決断を迫られた時に、すでに副業での年収が
1億円近くあったそうなので、

 

「ここで会社を辞めてもしばらくは生活していけるから大丈夫」
という判断も可能だったのでしょうが、この年収を副業で
たたき出せる人はごく一部でしょう。

 

 

小玉氏のケースもそうですが、ネットビジネスには
ブログによる情報発信やメルマガによる読者獲得が必須となります。

 

アフィリエイトは別として、輸入転売などで商品が売れたときに
商品発送を匿名でやるわけにはいきませんから、その際、
個人情報が漏れるリスクが常につきまとうことになります。

 

 

3e89e46ecdfec52624a5c46c42f28a5f_m

 

 

アフィリエイトは、確かにそのような心配もなく、
無料ブログとアフィリ登録だけで始められることから、
その参入障壁は低いといえますが、

 

いかんせん、毎月の収入が5000円以上ある人が
5%以下と言われるほど難易度が高いものなのです。

 

これではもともと低空安定飛行が持ち味のサラリーマンが
リストラや病気などのダウンバーストに見舞われて墜落した場合の
救済策としてはあまりに貧弱といえるのではないでしょうか・・・

 

 

では、毎月10万~20万円程度の副収入を「安定的」にかつ
完全匿名」で稼ぎ続ける副業、万が一、会社員の身分を失っても
家族を守れるだけの収入が確保できる副業はないのでしょうか。

 

あります。それが翻訳なのです。

 

会社員の身分を確保したまま、ある程度生活にゆとりができる
金額を稼ぎ続け、完全匿名でやれる副業翻訳ですが、
実はこの副業翻訳には、それ以外にも数多くのメリットがあります。

 

一つ一つ説明していきましょう。

 

 

 

会社員が副業翻訳をするメリット

 

どこでも稼げる

基本的に在宅で仕事ができます。

 

土日が休暇の人は、週末に仕事を集中的にこなして稼ぎましょう。
休暇がとれる人は休暇を取って仕事をこなしましょう。

 

それじゃあ家庭サービスができないだろう、という方は
早寝早起きして出社前のフレッシュな頭で仕事しちゃいましょう。

 

残業が多いという人は、早寝早起きがオススメです。

 

通勤時間や昼休み時間を活用するなどして、
とにかく、時間の使い方にシビアになることです。

 

 

8012c9c117c4dafcac4e925aaf43f9f7_m

 

 

働く場所を限定されないのですから、休日に家庭サービスで
出かけたときに、子供をパートナーに預けてスタバで
仕事することだって可能です。

 

私が知っている人は、出張が多いので、できるだけ単独出張に
してもらい、ホテルで仕事していると言ってました。

 

 

バブルがはじけた時、自宅のローン返済のために居酒屋で
バイトしていた中年サラリーマンが、同僚に見つかって
始末書を書かされた・・・

 

そんな記事をどこかで読んだ記憶がありますが、
翻訳ならそんな心配は一切いりません。

 

 

完全引きこもりで任務完了です。
全天候型副業です。

 

 

 

初期投資が小さい

転売ビジネスの場合、とにかく物を仕入れないことには
ビジネスが回らないので、カードの限度額いっぱいまで
商品を購入する必要も出てきますし、

 

せどりの場合には、仕入れは当然ながら、さらに、
商品の置き場所を確保するためにもう一部屋借りたりといった
それなりの初期投資が必要となります。

 

けれども、翻訳の場合は、初期投資はパソコンと
インターネット環境、そしてあなたの頭だけです。

 

 

e27be930d388109dc6804d1027a71b85_m

 

 

「辞書」や「書籍」もないよりあったほうがいいですし、
「ソフト」も購入したいところですが、
翻訳で稼ぎながら少しずつ揃えていけるところが
副業翻訳の良いところです。

 

小さく産んで大きく育てる。安定型ビジネスの典型です。

 

 

 

在庫ゼロ

副業翻訳は、仕事の依頼があったときに、依頼された仕事をする
請負型のビジネスです。

 

飲食業のように、食材を廃棄することもありませんし、
売れ筋の商品を大量に仕入れたけど、ブームが去って
不良在庫になり、タダ同然でたたき売る必要もありません。

 

不良在庫の悪夢にうなされることが一切ないのです。

 

 

副業から専業へ転換しやすい

 

副業には「会社員を続けながら」という時間的制約が
当然ありますが、専業になるということは、この時間的制約が
なくなって、使える時間が大幅に増えることを意味します。

 

ですから、副業でこれぐらい稼げているから、専業になったら
年収はこれぐらいになるだろう・・・と予測がしやすいのです。

 

最悪、脱サラすることになっても、家族に対して
「専業でこれぐらい稼げるから・・・」と安心してもらい易いのです。

 

 

db4431f26a8b0ca3e40fd23c1e853618_m

 

 

 

好きなときに好きなだけ仕事ができる

せどり転売の場合、「今月と来月は仕事しません」
とは言えませんよね。

 

そんなことをしたら、せっかく苦労して集めたお客さんが
どっかに行ってしまいます。いえ、その時だけ逃げられるなら
まだしも、普通はライバルに取られて二度と戻ってくることは
ないのです。

 

しかし、副業翻訳の場合、事前に「今月は残業が多いから
仕事は休みたい、来月になったらまたお願いします」
と伝えておけば何の問題もありません。

 

 

会社で使うスキルとのシナジー効果

 

会社で英語や、ITスキル、営業力、専門知識、
ドキュメンテーションスキル、プレゼンスキルなどを使う機会が
ある場合、こうしたスキルを副業翻訳でも活用することができます。

 

また、副業翻訳で身につけたスキルを、逆に会社の業務に
活用することもできます。

 

まさに、一粒で二度オイシイ、win-winの状態です。

 

副業翻訳を始めたら会社の仕事も面白くなって給料が上がった、
なんて人もいるぐらいです。

 

 

 

リスク回避が可能

親の介護が必要になったので、田舎に帰りたい。
子供がまだ小さくて外に働きに行けないから、自宅で仕事がしたい。

 

シングルマザーになったから、自活しないといけない。

 

パートナーの転勤や出産で会社を退職しなければならなくなった。
国際結婚や、海外赴任に帯同するため海外でもできる仕事がしたい。

 

 

0d3edeeaf286d8ea4f1ec5c164fe1442_m

 

 

このように自分がコントロールできない変化にも、
副業翻訳をマスターしておけば柔軟に対応ができるのです。

 

 

 

まとめ

 

私が会社員時代に、会社業績の悪化やリストラの波に
見舞われながらも、何とか乗り切ることができたのも、
まさにこの副業翻訳のお蔭です。

 

不透明な時代です。

 

会社員を続けながらも、リスクヘッジしたい。

 

会社にナイショでスキルアップ、収入アップしたい。
ライフサイクルにおける変化にも柔軟に対応できる力を
身につけたいというのは当然です。

 

そして、そんなあなたにピッタリな副業は「翻訳」だと、
その道を実際に通ってきた経験者の私だからこそ、
自信を持ってそう言えるのです。

 

 

<追伸>

 

この他にも「翻訳者になるために」役立つ情報をお送りしています。
よろしければ、メルマガにご登録ください(筆者)