翻訳者になるためのトライアルの難しさ

プロの翻訳者になるためには、各翻訳会社のトライアルを
突破しなければなりません。

 

では、どうやったらこの難関とされるトライアルに
合格できるのでしょうか。

 

実は翻訳者が見逃しがちな盲点があるのですが、これを知らないと
何年も無駄な努力を続けることになってしまうので注意が必要です。

 

 

翻訳者のトライアルは一発勝負!

 

翻訳会社としても大切なクライアントからの仕事を任せる以上、
優秀な翻訳者だけを選別したいと思うのは当然です。

 

ここでは、応募書類送付後トライアル受験が許可された場合を
前提に話を進めていきたいと思います(翻訳会社の判断で、
そもそもトライアル受験ができないケースもございます)。

 

 

トライアル問題への挑戦ですが、1回限りというのが鉄則で、

何度もやり直し・再提出を認めてくれることはありません。

 

 

Opportunity Definition Magnifier Shows Chance Possibility Or Career Position

 

 

できなかった箇所だけやり直して最終的に合格ラインを超えたら
合格判定してくれる、なんて優しい翻訳会社は聞いたことが
ありません。

 

もちろん、一定期間(1~2年)経過後に再受験可能としている
翻訳会社もありますが、そのときのトライアル問題は
前回とは異なりますから、前回の試験問題をそのまま参考に
できるということはまずありません。

 

つまり、「赤本」のような翻訳会社毎の対策資料集が
存在しないのですが、このことは考えればみれば当然です。

 

各翻訳会社は、メインとなる顧客も違えば得意分野も違いますし、
顧客や分野は時代と共に変化するのですから、
一度合格すれば時代を超えて、どの翻訳会社も安心して
採用できる翻訳者を認定する試験制度など存在しないのです。

 

ですから、どの翻訳会社も、担当者が自らチェックして
納得の上で翻訳者を選別したいはずです。

 

※赤本とは、各大学・各各部別の大学入試過去問集のことで、
教学社(https://akahon.net/)から発行されています。

 

また、昔と異なり、トライアル問題送付から返送まで、
短い期間が設定されたり、場合により日数ではなくXX時間以内
返送、といった時間指定に変わってきたりしています。

 

Time For Success Message Means Victory And Winning

 

トライアルなんて自宅で挑戦するのだから、
ネットも書籍も見放題、時間無制限だからちょっと準備すれば
大丈夫だろう、と甘く考えてはいけません。

 

 

トライアルはクセモノがいっぱい

 

加えて、トライアル問題には各社各様のクセがあります。

 

プロになった後であれば、

「ああ、ここはひっかけだな」「ここは意地が悪いな」
というクセの分析(見切り)が出来るのですが、
これからトライアルを突破しようとする初心者には
なかなかそれを見ぬくことはできません。

 

だから、何回もいろんな翻訳会社のトライアルに挑戦し、
不合格を重ね、そのうちに心が折れてしまう人が続出するのです。

 

5ff5150a7bb9053f9c3eb9011f6a1efc_m

 

トライアルを何回か経験すればそのうち慣れてきて、
パターンも見えてくれば自然と合格できるだろう、
といった甘い考えは通用しないのです。

 

スクールで扱っているような「素直な文章」だけが載っている
テキストで、一般的な型や約束事を学んでも、
トライアルに埋め込まれたトラップを見ぬくことは困難であって、

 

公開特許にあるミスを自力で発見し、自力で修正できるぐらいの
力がなければ、トライアル突破は難しいといえます。

 

 

本当のトライアルはトライアルに合格してから

 

合格後に始まる値踏み

 

え?どういう意味?と思われたかと思います。

 

いわゆるトライアルに合格しただけでは、
プロの特許翻訳者として認知されないのです。

 

プロとして稼働できるかどうかの実力は、品質を維持しつつ
納期を厳守する実ジョブにおいて試されます。

 

翻訳会社に登録されても、最初は比較的短い(ワード数の少ない)
案件を何件か処理させ、値踏みされるのです。

 

 

そこで、翻訳会社が提供した資料(スタイルガイド、関連資料等)を
ちゃんと読み込んでいるか、それらに準拠した仕事ができているか

 

e1a67d7f2b59194678e72ea79733cf5d_m

 

 

また、メールのやりとり等から、ビジネスパートナーとして
今後お付き合いを続けていくのにふさわしい翻訳者なのか等も
チェックされるのです。

 

 

トライアル代行サービスの出現

 

一昔前まではそこまで厳しくなかったのですが、
トライアル代行」サービスを使ってトライアルを突破しよう
とする人が増えてきたため、翻訳会社も慎重になっているのです。

 

トライアル代行とはどういうものかというと、
プロの翻訳者にお金を払ってトライアルを代行してもらい、
実力不足でもトライアルだけは通過させるサービスです。

 

このようなサービスの存在がどうしてバレてしまったかというと、

トライアルの結果だけを見ると「極めて優秀」な翻訳者だ
と思われるのに、実ジョブをやらせると「ガタガタ」(品質に難あり)
になる人が増えてきたため、業界でもこのサービスの存在が
知られることとなったのです。

 

だから、トライアルに合格した人に、いきなり大ボリュームの
案件を任すことはしなくなりました。

 

お試し期間(その人が本当に優秀かどうか、実ジョブを通じて
判定する期間)を設けるようになったのです。

 

もちろん、このようなお試しをすべての翻訳会社が導入している
わけではありませんが、相手はまだまだあなたの実力を疑って
見ていると考えておきましょう。

 

なので、このお試し期間にミス(特に、誤訳などの致命的なミス)
を繰り返すようだと確実に切られます。もう、仕事の依頼は
決して来ないと思った方がいいです。

 

 

まとめ

 

このように翻訳者になるためのトライアルには、
一発勝負であることや、各社各様のクセのある問題に
うまく対応できるかどうかという特有の難しさがあります。

 

また、たとえトライアルに合格させたとしても、
翻訳会社はまだあなたを疑いの目で見ており、

本当のトライアルはその後、登録後の実ジョブを使ってなされる
のだということを決して忘れず仕事に取り組んで下さい。

 

これらを全てクリアして初めて、継続的に仕事を受注できる
「プロの翻訳者」としてのキャリアがスタートできるのですから。

 

 

<追伸>

 

この他にも「翻訳者になるために」役立つ情報をお送りしています。
よろしければ、メルマガにご登録ください(筆者)

 

3年で年収1000万円を目指すオンライン特許翻訳講座

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

よく読まれている記事